鞆の浦トライアスロン

こう見えて一度はトライアスリートを目指していた頃もある店長です。

今月6月10日は第二回鞆の浦トライアスロンです。
昨年オフィシャルメカニックとして参加させていただいたのですが、間近に見る選手の頑張る姿には感動しました。
私と同じく前回大会で心を打たれた方は多く、今年の大会には地元からのエントリーが増えているようです。
皆様の温かい声援は必ず選手たちに届き彼らの心と体を奮い立たせる大きな力になります。ぜひ生の選手を応援しにご来場ください。

下の写真は大会当日早朝のメカニックブース準備中に見た日の出です。美しかったです。inst2

広告

中身違い

こんにちは。引き続き苗の生育不良で悶々中の店長です。

入荷した自転車に時々不具合があるのは「自転車屋あるある」なんです。
お客様にお渡しする前にすべて解決していることなので世間に知れることはないですが、良いメーカーとそうでないメーカーの違いに「不具合発生率」があるように思います。

私が取り扱っているメーカーの中でその不具合発生率がとても低いのがスペシャライズド。
ここはほとんど不具合がありません。仮にあったとしても対応が迅速丁寧です。

しかし・・・・
今日初めてのことが起こりました。
なんと外箱に記載の品番と中に入っている品番が違うという不具合です。
外箱に開封跡はありませんでしたから工場のミスだと思います。
もちろん交換してもらいますし、その対応も迅速丁寧です。
お客様への納品遅れは起こさないように私も組み立てを頑張ります。

IMG_3216

ぬるぬる♡

こんにちは。思うように苗が育たずヤキモキしてしまう店長です。

さて、一部マニアの間で知られているカンパニョーロ製品のCULT化(CERAMIC ULTIMATE LEVEL TECHNOLOGYの略。セラミック球を使用しつつ受け側に特殊加工してグリス無しで作動可能な極めて抵抗が少ないベアリング)。
お客様からの問い合わせもちらほら来ているので、RECORDで組んでいる私のTommasiniのBBをCULT化してみました。

で、さっそく乗ってきました。
今の季節、地元で一番気持ちが良い内海町の横島。
IMG_3153
この景色からしてすでに気分が軽いです。

バイクのインプレなんて乗った人の一方的な感覚なので、万人同じ感覚なんてあり得ない点はご了承いただくとして、今回のCULT化、メーカー曰く「クランク1回転毎に3W削減できる」そうです。微妙な数値ですが結論を言いますと体感できました。(日頃乗っている愛車ですからちょっとした違いがわかったんだと思います。他人様が私のtommasiniに乗ってCULT化がわかるわけないですよ。比較基準が心身に存在しないはずだから。)
普通に流している程度だとわかりませんが、300Wぐらい出すと足に伝わってくるBBの回転がぬるぬるして滑らかなのがわかります。
スペシャライズドのS-WORKSシリーズのBBもセラミックベアリングですが、あれはフレームの剛性がより高いこともあり、ぬるぬるというよりスルンスルンなのでちょっと違いますが、どちらも抵抗が少ない感じがしてペダリングが軽いのはわかると思います。
計測機器を使っていないのでアレですが、BBのセラミックベアリング化は効果ある(少なくともハートには)と私は経験からそう思います。

それにしても小さい抵抗の話なんてどうでもいいぐらい気持ちの良いサイクリングでしたw
自転車サイコー!
IMG_3162

「TARMAC祭り」改め「サイクリングデビュー祭り」やります!

こんにちは。
ここを見ている奇特なユーザーが最低一人はいることがわかって嬉しい店長ですw

先日、TARMAC祭りやります!と書きましたが、「いや、俺、TARMACいらんし。CAAD12やらんの?」という、温かいお言葉をいただきありがとうございました。(こちらの趣旨をあえてスルーする愛あるそのお言葉、無視したろうかと思いましたが受け入れることにしますw)

そんなわけで、サイクリングデビュー祭りに改称して対象バイクを大きく増やして愛あるお客様のご来店をお待ちしております。

 

 

新型レフティフォーク

久しぶりにキャノンデールらしい突き抜けたヤツが発表されました。
新しいクロスカントリーMTBのF-SIとそれに装着される新しいレフティフォークの「OCHO」です。
2019-Cannondale-F-Si-3-1280x854

F-SIは今までよりも軽く強く、軽やかに登り激しく下り、衝撃吸収性も高めて疲労を溜めにくい、そんな正常進化です(書くべき点は多いのですが今回は省略しますw)。

でもメカ好きな私としては新しいレフティフォークに心を奪われます。
今までもレフティフォークを体感された方はその見た目とは裏腹な剛性感と驚くほどのスムーズな作動に驚かれますが、新型ではその特徴がさらに磨かれています。
そしてシングルクラウン化されたことにより、他社製のフレームにも簡単に装着が可能になりました。
ということはハンドルステムも専用品が不要となります。つまりポジションの自由度が飛躍的に高まる可能性が大です。

レフティフォークのイマイチな点として、倒立サス故の重心高ですが、この点もアウターケースがカーボン化されて解決されていますし、リモートロックアウトまで含めた重量でROCKSHOXやFOXの最上位モデルよりもさらに軽量です。
また、フロントホール脱着時にディスクブレーキ台座を二本のボルトを緩めて取り外す手間がありましたが、これも1つのカムレバーボルトを180度回すだけになりました。
あとはレフティ用専用ハブで組まれたフロントホイールが必要なだけです。この点はリーズナブルで軽量な当店オリジナル手組みホイールの提案をさせていただきます(*^-^*)

と、ここまでは店のフェイスブックページに書いたものをコピペしていますが、正直に言うとレフティフォークって、サスペンションとしての動きはマジで良いです!特に大きな衝撃が加わった時は顕著にわかりますよ。
ただ、初動が渋いことがあるのと、多くの人は知らないけどリセット作業が必要なんですよね。
初動が渋いのは昨年ぐらいからツインエア化キャンペーンが行われてからはかなり改善されていますね。(なのでもし中古を買うならキャンペーン対象だった2014年以降のモデルかつ、キキャンペーン適用証である「2」のシールがフロントサスに貼ってあるモデルがおすすめ)
あと、リセット作業とはサスのエアをすべて抜いた後、フルストロークさせることでニードルベアリングが適正な位置にリセットされるというもの。これは簡単なんで時々やってみることをおすすめ。

ちなみに、スペシャライズドのROUBAIX等に採用されているフューチャーショックもリセットが必要な個体がけっこうある。当店でその最初の事例が見つかった時慌てたけど、今は店内でリセットするテクと自作ツールがあるのでご安心をw。

フューチャーショックのこの不具合?って正常でも2センチしかストロークしないサスストロークが1センチぐらいになっちゃう。この症状に気づいたオーナーってウチにはゼロ、スペシャテクニカルに聞いてもほとんどいないって。ストロークが1センチ減っただけなんで気づいていないだけで、たぶんもっと多くの症状が世の中にあると思います。乗れば気づくレベルの違和感なんだけど(数メートル乗っただけの私でさえ即気づきました)
ちなみにウチの場合初回点検と一年点検時に無料チェック行っているので完璧に対応していますのでご安心をw

さて、話は新しいレフティに戻りますが、シングルクラウン化されて装着できるフレームを選ばなくなったって点が実は大きいと思います。
だって、トレックやスペシャライズドとかに乗ってる人が簡単にレフティ化できるんですよ。レフティの魅力を知っている私が彼らだったら絶対やりますw

あと、現状のダブルクラウンモデルって専用のハンドルステムが必要なのですけど、キャノンデールがあんまり種類を用意していない。多くの方が高めのハンドル位置で我慢してる。
でもシングルクラウンは汎用ステムが使えるようになるのでポジションの自由度が飛躍的に高まるってとこが個人的には一番良い!と思う。

なので、キャノンデールさん、シングルクラウンレフティとオフセットドライブトレインを採用したカーボンフレームのSLATEを発売してください。そんな機能過多なSLATE誰が買う?と思いますけど私は必ず買いますw

TARMAC祭りやります!

こんにちは。
3~4月は例年以上に多くのお客様にご来店いただくことができましてありがたいことです。
5月も半ば、ようやく落ち着きを取り戻しつつある店長です。

趣味の家庭園芸も今年は馬糞たい肥をしっかり漉き込んで土づくりを行いましたので、とても順調ですよ。
今朝はズッキーニが今期初収穫でした。もぎ取った実を水洗いしただけで食べられますよ。本当においしいです(*^-^*)

32536970_2029370987317456_5150992975748136960_n

さて、表題ですが、スペシャライズドの万能ロードバイク「TARMAC」祭りを開催します。
お好みの用品を希望小売価格の〇〇%分サービスするという企画です。(〇〇の中はご来店いただいてからのお楽しみw)
かなりお得にTARMACをご購入していただけますので、このチャンスにぜひご来店ください(*^-^*)

MULLER ML725

ミューラーのクロモリフレームをカンパで組んでいたものが完成しました。
ご注文いただいてから一年と四か月。
大変おまたせいたしましたー!。

ワインレッドのメッキラグクロモリフレームという点は私が高校生の時に初めて手に入れたロードバイクと同じなので、組んでる最中からウキウキでした(*^-^*)

変速調整のチェックのため 店の前をちょこっと試乗した限りですが、乗り心地はクロモリらしい気持ち良いものでしたよ。オーナー様の趣旨にピッタリな一台が出来上がりました。

 

31131571_2019997658254789_2899612769073701828_n

 

31113409_2019997651588123_5625995233904708686_n

ブルックスのサドルはオーナー様が使い込んできたものです。とても良い具合になじんでいました。

31100385_2019998614921360_95361419858689816_n