ROVAL CLX32/50/64のチューブレス非対応について

こんにちは。

性能に対して価格設定が低めなため、物の価値を価格でしか判断できない一部の人から評価があがらない孤高の名ホイール「ROVAL CLXシリーズ」。
私を含め使っているユーザーからすれば「最高のホイールのひとつ」だと断言しています。
さて、そのCLXシリーズですが海外ではチューブレスレディ対応と記載されています。国内仕様にもチューブレス対応用バルブ等が付属品の中に入っています。
しかしスペシャライズドジャパンでは「日本国内においてお客様が期待する性能を満たさないと判断したため、チューブス対応の記載を削除した」となっています。
ですから日本国内ではチューブレスとして使用しないようにしてください。ということですので宜しくお願いします。

で、期待する性能を満たさないとはどういうことかを実際に私のCLX32 DISCでやってみました。

付属のバルブ、リムプラグを使ってみると空気圧7.0が4時間後に4.0以下になりました。確かに使い物になりません。
付属のリムプラグがどうもアホみたいです。
なのでNOTUBESのチューブレスレディ用リムテープを使い、シーラントを注入しチューブレスレディ化してみました。
ちょっとある工夫はしましたが6時間経過しても空気圧はほぼ変化ないようにはなりました。が、やはりメーカーの推奨外の使い方はとても不安なので実験の範囲内で終わらせます。

私はこの仕様でシクロクロスで(空気圧1.5~2.0)、自己責任で使うのはありかなと妄想はしておりますw

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中