新型S-WORKS TARMAC SL7

IMG_0780

新型S-WORKS TARMAC SL7がやってきました。
ネット上ではすでに多数のインプレがあがっていますが、概ね高評価です。

ちょっとワクワクしながらいつものコースへ。
ひと踏み目からいつものS-WORKSらしいスルスルっと軽いクランクの回り。

BBが一般的なねじ切りタイプになってどうなのかな?と思っていましたが全く問題なし。軽く回してもよく進む。

あと、ネット上の評価の一部に「乗り心地が硬い」というものがありましたが、私はSL6より少し心地良いように感じましたけど。
踏み心地含め乗り心地はフレーム単体の評価は難しくて、コンポ+ホイール+タイヤ+空気圧などトータルでそれらを現しているものなので、硬いなら空気圧を下げてみるとか、自分に合う工夫もまた必要。ちなみに私の体重はコロナ太りもありまして7半ばkgですが、空気圧はF6.1bar、R6.3barで試しています。

ウォームアップが済んでいよいよタイムアタックへ。
過去、S-WORKS はROUBAIX SL4、TARMAC SL4、SL6を所有していました。これらで記録していた自己ベストが5分05秒の区間。最新データは一昨日CANNONDALEのスタンダートSUPERSIX EVO+ROVAL ALPINISTで記録した5分15秒。平均勾配1.7%でアップダウンが四つ。(アラ還暦おやじなので長い距離はダメダメ。5分ぐらいならまだ頑張れるw)

ここをなんと4分49秒!

これは自分でもびっくり!
ここ一年ほどの間にポジション見直しやペダリングスキルアップ等によって使える筋肉部位が増えている等乗り手のスキルアップもあるとはいえこのタイム短縮はすごいと思う。

データを見てみると全区間でタイム向上しているが、ダウン区間で向上率が少し多い。これは新しいホイールのエアロ効果かも。

昨年のVENGEに続き今年のTARMAC。スペシャライズドはまた一つ抜きん出た感があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中