プジョーPX10DU

心ときめく自転車を手に入れました。

1982年当時プジョーの最高峰として発表された量産型としては世界初のアルミフレームのPX10DUです。
ほぼオールフランス製パーツで組まれているところも良い!(安全のためブレーキはデュラBR-7800に換装し、オリジナルは大切に棚の奥へ)

分解清掃中、38年間使われたオリジナルのディレイラープーリーがポロポロと崩れたのは焦りましたが、現代のプーリーの中から近いものを探し出してちょっと改造して装着。事なきを得ました。
他にも当時のパーツは軽量化のために強度が幾分低いようで慎重な取り扱いを心掛けました。

スポークテンションはリアのフリー側でなんと500N。これはちょっと低すぎます。かといって当時のリムはとても柔らかいので攻めて張るわけにいかず。とりあえず700Nほどで。
タイヤはパナの270。2年ほど前に交換したものだそうで、これはとりあえずそのまま。

ヘッドが渋いので分解清掃し再組立て。いい具合に。

クランクのペダルネジ穴が半分つぶれていたのも直し、ワイヤー全交換し、前後変速機とスプロケとハブ前後も分解清掃し、ポジション出しのためステム交換し、その際、38年前そのままのバーテープは再使用したかったけど剥がす際ボロボロになってしまったので泣く泣く交換。その他も綺麗に掃除して注油して調整して・・・・どうにか私が乗れる状態になりました\(^o^)/

持ってみると当時のロードレーサーとしてはやはり軽いです(メーカーのカタログでは7.6kg)
走りは・・・やはり時代を感じますが、路面からの衝撃をよく吸収してくれて快適な乗り心地です。現代のエンデュランス系バイクより快適かも。
ただし、フロント52x42T、リア13-21Tの6スピード+Wレバーですから急こう配の上りと頻繁なシフトチェンジはつらい。あくまで平坦主体のサイクリングならば現代でも充分に通用します。

日頃からお世話になっている前オーナー様が38年前に新車でご購入されて以来大切にされてきた貴重な自転車。私も大切に乗っていきます(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中