醍醐桜ライド

2021年㋂最後の日、真庭市の醍醐桜までサイクリングしてきました。ほぼ満開の醍醐桜は綺麗で行って良かったです。

それはそれとして・・・・

一緒に行った面子は福山が誇るレジェンドS居とM尾両氏。ともにCJ(マウンテンバイクの全国大会)参戦中の真の剛脚さん。そんな彼ら二人と200km超のロングライドなんて引きずり倒されしんどすぎるからいつもの私なら絶対に行かないのだが、今回はなぜか魔が差したw
それはおそらく電動アシストロードのSPECIALIZED CREOがあったからだろう。平たん路はツキイチでどうにかついていけると思ったし(二人は33Cブロックタイヤのシクロバイクだし)、醍醐桜への登りは電動パワーでどうにかなるだろうと。実際ほぼそうでした。

福山市から岡山井原市へ入り芳井から高梁行き緩斜面へ。ここは普通20km/h前後で登るんですが彼らは鼻歌で25km/hを超える。こういう緩めの坂が電動アシスト殺しでした。25km/h手前でアシストがゼロになるのが日本の法律。アシストゼロで15kgもの重量級バイクで彼らについていけるわけがない。もちろん綺麗に千切れました。

次は高梁の木野山過ぎての3%前後の緩斜面がヤバいかと身構えていたけど、30km/h前後の速度域なのでバイクや体重の重さよりドラフティングが効いてしんど過ぎずに通過してホッとした。

醍醐桜周辺の急こう配は電動アシストの恩恵をやっと思い切り味わいました。登坂でS居氏の(*´Д`)ハァハァを聞いたのは八田原ダムへの登坂を片足だけで登っている彼の横にいた時とH田の恭さんを押しながら蛇円山を登っている彼の横にいた時以来w。それにしても・・・・

10%超のキツイ坂で私はアシスト240W+自力250~300Wで登ったけど、彼を追い抜くことはできなかった。体重+バイクの重さを差し引くと400~450Wを出し続けていたんだろう。還暦近い同い年として尊敬するわw

帰路で「いつも」のようにS居氏の「遠回り&標高追加詐欺」に合い、計算していたバッテリー残量を綺麗に使い果たして美星の登りを人力オンリーで登らされたのは「お約束」だったが、久しぶりにave27km/h近い高速サイクリングに連れていってもらえて本当に楽しかったです。しんどかったけど。お二人に感謝!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中