Tommasini sintesiの重量

当店取り扱いの生粋イタリアンバイクのTommasini(トマジーニ)。その中でもトラディショナルなスチールフレームのSINTESI(シンテシ、シンテージ等。こころ旅で火野正平さんご愛用)。
世間の認識はカーボンフレームは軽い。スチールフレーム(クロモリ等)は重い、だと思います。
実際、重いのは重いのですが大した差では無いのです。

うちにあるSINTESI(サイズ52)の実測重量がこちら↓
DURAACEペダル+ステンレスケージ2個+真鍮ベル+ガーミンマウント付きの状態で、です。一般的にカタログ重量はこれら付属品を取り除いた重さなので、カタログ重量的には7.8Kg台になりますね。
軽量化を進めようと思えばサドルやハンドル等余地がありますので7.5kg台は無理なく目指せます。
上級カーボンバイクが約6.7kg前後なので、その差は800gほど。

ロードバイクの走りは重さだけではないですが、分かりやすい重量に焦点をあててみても差は小さい。重量に現れない走りや乗り味は満足レベル。スチールバイクはまだまだ充分魅力的ですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中